FC2ブログ
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09.07
Mon
当初から覚悟はしていましたが、意外と早かった・・・

ちょうど1週間前の8月末のこと、
私は2階のスタッフルームに寝泊りしているのですが、
朝、ご宿泊のお客様がシャワーを浴びているなーと思いながら
寝ていたらピタッピタッという音が?!

びっくりして飛び起きたら、天井から雨漏りがしています。
ひえーーー?!

ということで、工事のときからお世話になっている水道屋さんに電話をして、
その日の夜さっそく見に来ていただきました。

水漏れは壁の内側や天井裏の見えないところで起こると、
どこだかまったく分からない。
2時間近く、あーでもない、こーでもない、と色々試して、様子を見た結果、
4階の水周りを使用すると3階の配管スペースに水が溜まり、
2階の天井裏に水が回っていることが判明。

配管スペースとは、RCの建物で、配水管や給水管を
全フロアに通すためのものです。

どうやら原因は4階の排水管の結節部の破損らしい。

築30年を超えるこの建物。
水道の配管系はいつか来る来るとは覚悟していたものの、
思っていたよりずっと、早かった。
お陰さまで、8月はずっと、ほぼ満室に近い状態の日が続いたため、
今までなんとか持ちこたえていた傷口が一気に決壊したようです。

とにかく、4階の水道系をストップしないと、2階に雨が降る!
ということで、こんな張り紙を、4階の洗面所とシャワールーム、トイレに貼りました。

150907-01.jpg

お客様にご迷惑とご不便をかけるわけにはいかないので、
すでに予約が入っている方にはメールで事情を説明し、
4階の予約が入らないようにストップしました。

で、1週間後の今日、ようやく工事。
最初は、3階のシャワールームの壁をすべて撤去&シャワーブースを移動して、
配管スペースに通じる壁に穴を開け、配管の補修をするという、
なんとも壮大でおおごとな工事を予定していたのですが、
水道屋さんから素晴らしいご提案が。
専門的なことなので、割愛いたしますが(説明がやや面倒くさい)
なんと、壁を一切壊すことなく2時間で復旧できました!!

でもこれも、一時の対処に過ぎません。
いつまた再発するやも・・・
それに他の場所も同じ危険が。

今、古い建物をりノベーションすることがとてもブームになっています。
木造ならなんとでもなりますが、RCは本当に怖い!
これも古い建物を手に入れた宿命。
建物も私も、お互い老体をいたわりつつ、
メンテナンスと補修を繰り返しながら、長くお付き合いしなければね。

とにかくこの1週間、ご不便をお掛けしたお客さま、すみませんでした。
TEN to SENの4階は見事復旧しました!
明日からのお客さま、ご安心くださーい。

スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
04.15
Wed
やっと、やっとこの日がやってきました!
旅館業営業許可証!!

150415-01.jpg

右側のは、ラウンジでドリンク類を提供するための飲食店営業許可証。

長かったよーーー!
苦節1年、ようやくこの日を迎えました。


ということで・・・


TEN to SENは4月20日にオープンいたします!


まだまだ補修しなければならない箇所もありますが、
どんどん成長して変化していくゲストハウスとして、
早く皆様をお迎えしたいと思います。

WEBサイトからの予約ページが整うまで、
ご予約はメールにて承ります。

ご予約専用メールアドレス
info@tentosen.jp

以下の内容をご連絡ください。
・お名前
・ご住所
・お電話番号
・ご宿泊希望日(チェックイン・チェックアウトのお日にち)
・ご宿泊人数
・ご希望のお部屋(女性ドミ・MIXドミ、個室2名室、個室3名室)
・おおよその到着予定時刻

ご予約は、こちらからの返信メールにて成立となります。
また、返信メールが迷惑メールフォルダに入ってしまう事例が多々あります。
ご予約メールを頂いてから2日以内に返信いたしますので、ご注意ください。

・シャワールーム(浴槽はございません)、トイレ、洗面所は共同です。
・自炊キッチンはございません。
・バスタオルのご利用を希望される場合は、1回150円で貸し出しています。
 チェックイン時にお申し付けください。
・チェックインは15時から22時までとなります。
 時間外にチェックインを希望される場合は、必ずご連絡ください。
・ゲストハウスは24時間出入り自由です。ただし深夜はお静かにお願いいたします。
・ラウンジスペースは24時で消灯いたします。
・予約をキャンセルされる場合は、ご宿泊日の1週間以内の場合、キャンセル料として50%頂戴いたします。





お部屋と宿泊料金のご案内。


150415-md.jpg


150415-fd.jpg


150415-p1.jpg


150415-p2.jpg


150415-p3.jpg



トイレは各階3箇所ございます。
すべてシャワートイレ完備しております。

150415-toilet.jpg


シャワールームは2箇所ございます。

150415-shower.jpg


取り急ぎのご案内ですが、
ご質問等がある場合は、info@tentosen.jpにご連絡いただくか
このブログのコメント欄から『管理者のみ閲覧』をチェックの上、
必ずメールアドレスをご記入の上ご連絡ください。
(コメント・メールアドレスは公開されません)


よろしくお願いいたします。


comment 9 trackback 0
04.07
Tue
さも、完成したかのようなタイトルですが、
思わせぶりです。

とうとう、ミックスドミの2段ベッド4台ができたのです。
ジャジャン!

150407-06.jpg

理想の2段ベッド。
マットレス横の荷物置き場はこんな感じ。

150407-07.jpg

押しても、上の段でダンスしてもビクともしない(ギシっともいわない)
頑丈設計です!
あとは、全体にやすりをかけて、
はしごを設置すれば、かんせーーーーい♪

女子ドミの方はあともうちょっと。

150407-08.jpg

明日一日あれば完成です。

思えば結構長かった・・・
西村ジョイ(香川の巨大ホームセンター)で材木を選んでる時、
もっっっのすごい量の木材の多さに、相当心が萎えました・・・
というか、この本数を運ばないといけない、と考えただけで
自分の無謀さを悔いました。
ホントに・・・「つくっちゃおう!」なんて気軽に言っちゃいけない、
と深く反省しました(すぐ忘れるけど)。

でも、なんだかんだ、ものすごい時間がかかったけど、
無事にできて良かった。

ナイスタイミングでマットレスも届きました。

150407-04.jpg

これもめっちゃ重いんだ。
パームヤシのマットレス。
ほぼ昔の畳、1個10kgちょっとあります。

150407-05.jpg

マットレスをどうするか、かなり悩みました。
コイルタイプにしようかと思ったけど、汚れてしまったときの
清掃や交換、廃棄が大変。

高反発マットレスは、軽くていいんだけど、
1年もしたら結構へたるし、通気性が悪い。

そこで天然素材のマームヤシマットレス。
通気性バツグンで、消臭効果もあり、
夏は涼しく、冬は暖かい、万能マットレスです。
で、この上にお布団を敷きます。
そうしたら、汚れてもお布団だけ交換すればいいし、
お布団は干せるし、洗濯もできるしね。

その他にも、冷蔵庫設置完了しました。

150407.jpg

本音を言えば、もっとおしゃれなのがよかったのですが、
なにせ予算がね。
そのうち、壁紙でも張ってかわいくデコる予定です。

で、ラウンジで取り扱う飲み物を酒屋さんと打合せをして、
『ちょっと珍しいビールやお酒を置きたいんだよね』
という私のリクエストにいただいたサンプルがこちら。

150407-02.jpg

右端のPUNK IPA、
なんとホップが通常の40倍使われたビール。
結構な苦味なんだけど、グレープフルーツのようなものすごくいい香り。
クセになります。
HoegaardenやBassはメジャーだけど外せない。
KIRINのハードシードルはりんごの果実酒なのに、
爽やかな白ワインのようなお味。
すべてラインナップ入りにします。
テントセンにお泊りの際は、ぜひお試しください♪


最後に、
昨日、以前勤めていた会社の同僚の皆さんから、
素敵なリースをいただきました。

150407-03.jpg

なんて素敵な色合い。幸せ♥
本当にありがとうございました。
ゲストハウスの一番目立つ場所に飾らせていただきます。

明日、二段ベッドが完成したら、いよいよ保健所の営業許可申請へ。
15日くらいにはオープンできるかな?
ってまたオープン延びてるしーーーー(スミマセン)

comment 13 trackback 0
03.31
Tue
日曜日に来客があったので、
ちょっとは様になるように、作業道具でいっぱいのリビングスペースを片付けて
合板で簡易テーブルをつくり、椅子を並べて、
殺風景なので、家から観葉植物なんかを持ってきてみたら

150330-01.jpg

なんだか、ちょっとお店っぽくなりました。

窓際の板と壁板が途中で足らなくなったので、
中途半端にしか貼れていませんが・・・
それに、窓際に置く4mのベンチも今から作ります。

リビングスペースからカウンターを見たら、

150330-02.jpg

うん、いい感じ。
カウンターの下にまだタイル貼れてないけど・・・

待望のアンティークドアが取り付けられました。
受付のアイアン窓も。
2階に上がる階段もペールグリーンに塗りました。

150330-03.jpg

アンティークドアには、ナンバーロックをつけました。
これで、ゲストが高松ナイトを楽しんで深夜に帰ってきても
いつでも出入り自由です。

150330-04.jpg

階段下の入り口にも看板を。
でも、これは仮。
余裕ができたら、もうちょっとかっこいいものにしたいな、と思っています。

150330-05.jpg

で、来客というのは・・・
ゲストハウスの物件を探していたときから、ブログを通してずっと応援してくださっていた
台湾人向けの高松観光案内サイトのライターさんで、
いつまでたっても完成しないテントセンを気長に待っていただいてたのですが、
あまりに完成が遅いので、今回、ひとまず「こんなゲストハウスができますよ」
という準備編として、工事中の様子と近隣のお店の紹介をしてくださいました。

發現高松 ⇒ http://www.art-takamatsu.com/taiwan/blog/2015/03/ten-to-sen.html

本当にありがたいことです。
台湾へ旅行へ行っても、旅先で出会う台湾の方にしても、
いつもその優しさに感動します。
テントセンが完成して、ちょっとお休みが取れそうなら、
絶対台湾に行って、美味しい台湾料理をたらふく食べたい!
それを目標に、頑張って早く完成させるぞ!!
台湾のゲストさんがいっぱい来ていただけると嬉しいな~。


そして、どどーーーーんと届きました。
お布団セット。

150330-06.jpg

まだまだ、惜しいところがいっぱいですが、
ちょっとずつ準備が整っています。




comment 0 trackback 0
03.21
Sat
私には絶対に譲れない『理想の二段ベッド』があります。

それは、
マットレスの横に荷物を置けるスペースがあること。

長期で海外を旅したとき、パリとオランダで理想の二段ベッドに出会いました。
そしていつかゲストハウスをするなら、
この理想の二段ベッドは絶対つくろう!と思っていました。

通常の二段ベッドの場合、荷物はベッドの下(床)、または部屋のロッカーに置きます。
そうすると、翌日の着替えや手回り品のバッグはマットレスの上に置かなければならず、
朝起きたら、ぐっちゃぐちゃになっていたり、寝ているときに邪魔だったり。
しかも、何か荷物を出そうと思ったら、いちいちベッドの外へ下りなければならず、
上の段だと面倒くさいし、(特に治安がよくない国だと)盗難の不安もあります。

マットレスの横に30cm程度でもスペースがあると、
そこに荷物が置けてものすごい快適なんです。

ということで、こだわりの二段ベッド製作中です。

150321.jpg

分かりやすいように布団(幅100cm、長さ200cm)を置いてみました。
完成時にはマットレスを置きます。
こんな感じで、横幅はダブルベッドくらいあって、すのこの上に板を貼って
荷物を置けるようにします。

今日は枠組みだけ作ってみました。
あっ、色々とボロが写ってしまっていますね。
完成品はベッド自体に壁を貼ってしまうので、
見えないところの壁は補修をしていないのですよ。
完成はちゃんとなりますからご心配なく、ということで。

ここ最近、色々なことがゴタゴタと手間取っていて、
オープンが・・・


4月10日ごろになりそうです・・・


ご期待くださっていた皆様、
申し訳ございません。
もうしばらくお待ちください。


ホント、すみません。
頑張ります。


comment 2 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。