--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02.04
Tue
140204-1.jpg


いざ!夫婦で物件購入を決めたものの、
不動産屋さんへお返事するのはちょっとした勇気が必要。
だって・・・『買います』って言ってしまったら、
本当に後戻りはできないから。
週末あたりに電話しようかしら、なんて思っていたら
不動産屋さんのほうから電話がかかってきました。

不 『どうされますか?』
私 『買います』
不 『では、買主さんに購入申込書を渡しますので、今から送るファックスに
   署名・押印してすぐに送り返してください』

《 ジ・・・・ジジジ ファックスがくる 》

署名して、判子を押して、送り返して、
気負う暇なく、あっさり購入決定。

ヤバい、お金の工面とかどうするんだ、ワタシっ!
なんか実感がないまま、色んなことが動き出しちゃったよ!!
脳みそが全然ついてこない・・・

なんか分からないけど、頑張れ!ワタシ!!

始まりは、そんな感じでした。



スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
02.03
Mon
140203-1.jpg


物件が決まらず、どうしていいのかわからないまま、迫り来る年の瀬。
「何にも変わりはないよね~」と思いつつも、不動産サイトを眺めていると

あれ?なんか新しい物件が出てる・・・

物件情報をよく見てみると、ん?ここ行ったことある。
その物件の1階は高松で人気の美味しい居酒屋さんで、
前回、賃貸物件を見に行った日に食べに行ったばかりでした。
その居酒屋さんが入っている4階建てのビルが売りに出てるよ!!
物件価格は当初の予算の倍!
でも2~4階の間取り、立地条件、建物の雰囲気、全てにおいてかなり理想的!
おまけに1階が賃貸中ということは、月々の家賃収入を見込めるし。
考えれば考えるほど、なんだかこの建物は私が買わなければ!という気がして
速攻、不動産屋さんへ電話しました。
以前物件探しのためにご挨拶をしていた不動産屋さんだったので話が早い。
夫は仕事が忙しく、なかなか休みが取れないので、
とりあえず私一人で内見することにいたしました。
ネットで見てから3日後、途方に暮れていた日々から急展開です。

こちらがその物件↓
140203-2.jpg

1階の居酒屋さんは、いかにも隠れ家的な素敵な佇まい。
真っ赤なギラギラネオンの下世話な感じじゃないところがお気に入りです。
(ちなみに塀の表札のように見える小さな札が看板)
奥の階段から2階に上がります。
中もきれいに維持されているし、痛みはほとんどなさそう。
もうどんどん妄想やイメージが湧き上がってきて、
私の気持ちの中では、(予算オーバーはさておき)すっかり購入する気満々。

とりあえず、次は夫と共にもう一度内部を見て、それから決めることにしました、
2週間後、夫がようやく休みを取って、再度訪問。
夫の意見は・・・

購入!と言うことで。

金は天下のまわりもの、そんなことは後で考えましょう。
きっとなんとかなると信じて突き進むよ!


comment 0 trackback 0
01.27
Mon
140127-1.jpg


インターネット上に出ている不動産はほとんど見た。
街中くまなく自転車で周って、目ぼしい建物も探してみた。
当初は「すぐに決まるだろう」と高をくくっていた物件探し、
全然見つからない・・・

おまけに、覚悟を決めて(自分を追い詰める意味も含め)持ち家も売り払ってしまった。
引越し先が決まらないのに、家だけ売れちゃう、家なし子になってしまった。
焦りがどんどん募る。

売り物件が難しいなら、と、賃貸で気になっている物件を見に行くことに。

140127-2.jpg

3階建てで1階は元お料理教室、奥行きがあって中は結構広い。
賃貸は月々の高い賃料を何年も払い続けなくてはいけないし、
仕事をやめる=すべてがなくなる。
だから、できれば建物を買い取りたい。
でも、賃貸なら物件購入費用がかからない分、借金をせずに事業を始められる。
(ほとんどのゲストハウスが賃貸の場合が多いですよね)

このまま、いつ出てくるか分からない物件を待ち続けるなら、
まずは賃貸から始めてもいいか、
100%気に入った間取りではないけれど、工夫次第でなんとかなるかも。
妥協200%くらいの勢いで、後日不動産屋さんに『借りようかと思うのですが・・・』
と問い合わせたところ、貸主さんから『やっぱり家族が使うから貸すのやめるわ』と連絡が。

ひっさしぶりに心が折れそうになりました。


comment 0 trackback 0
01.26
Sun
140126-1.jpg


またいちから物件探し。

こんな物件見てみました

↓JR高松駅前の商業ビル。
とても広くて場所はいいのですが、予算オーバーな上に建物が古すぎ。
こちらも暖房機器は重油タイプなので、工事費に予算がかかりすぎます。
140126-2.jpg

↓こちらは狭すぎ。建物の1/3近くが階段と給湯室なので、
部屋として使える部分が限られています。
140126-4.jpg

↓こちらは賃貸物件。公園が目の前で素敵なのですが、
飲食店不可でした。もちろん宿なんて無理無理。
140126-3.jpg

↓駅前のオンボロアパート。
駅から徒歩1分の好立地で土地も結構広いのに800万!
これはいけるか?!と思ったけど、中はとっても恐ろしいことになってて
解体しなきゃ使えないんだとか。窓のレトロ感がいいんだけどな。
解体するなら窓だけくれないかな・・・
140126-6.jpg

↓ここも素敵だったんだけど、予算オーバー。
なんでかって、この建物の裏にとってもでっかいお家がついてるから。
手前のビルだけ売ってくれない?って聞いてみると、不動産屋さん曰く
『今までなーーーん人もそういう人がきたけど、売主がアカン言うてるんですわ』
だって。
140126-7.jpg


私の運命の物件とは、いつ出会えるのかしら?

comment 0 trackback 0
01.17
Fri
140117.jpg


本題に入る前に、現状報告を少し。
先日、公庫へ融資申込を完了いたしました。
無事に・・・とは言いがたく、すんなりとは行かなさそうな雲行きなのですが。
書類提出後「とにかく面談で詳しくお話を伺いますから」と連絡があり、
今は面談対策に必死です。
この壁を乗り越えないと、私の未来はないよ!


では、本題。

ビジネスホテルの居抜き物件について、工務店さんから見積書が上がってきました。
想定の倍近い金額だった上に、本当にこの工務店さん、信用していいものか・・・
(会社自体はきちんとしているのですが、相性の問題と言うか、
どうも私が思い描いているような工事をしてくれないような気がして・・・)
相見積もりをお願いできる会社を探していたところ、
まさに!私がしたいと思っているようなリノベーションばかりを手がけている
「ひだまり不動産」という会社を見つけました。
こちらは、古い物件をリノベーションしてデザイン性の優れたお洒落物件に作り変え、
賃貸をしている会社です。
ホームページを拝見すると、店舗改修や個人宅の工事だけでも請け負うとのこと。
さっそく事情を説明するメールを送ったところ、速攻で電話がかかってきました。
女性の社長さんなのですが、とても気さくなうえにすべてを伝えなくても
私のやりたいことを理解してくれて、何より信用できそう。
物件を一緒に立ち会っていただくようにお願いしました。

お会いした社長さんは、年齢は私より10歳ほど上でとても小さい方なのですが、
全身からパワーが溢れているような方でした。
一緒に建物内部を一通り見て回ったあと・・・

『ちょっとお茶でもいこか』とお誘いがあり近くのカフェへ。

そして、
『あれはあかんで、躯体が逝ってる可能性がめちゃめちゃ高い!
(工務店の見積もりを見て)こんな金額では納まらんで、
めくってみたら次から次から追加工事が出てきて、えらい金額になるで、
怖い!これは怖い物件や!私の勘は当たるねん!
もう絶対買ったらアカン。間違いないよ!!』
とものすごい勢いでお話になりました。

あとで主人から聞いたのですが(早く言えよ!と思うけど)、
私がいないところで、不動産屋さんと売主さんが
『早く契約させてまえ』とコソコソ話をしていたらしく、
最初の工務店さんも不動産屋さんの紹介だし、
冷静になってみると怪しいことだらけ。
なんか興奮して気になってる不安も無視して突っ走ってたけど、
よくよく考えると解せないこともいっぱいだし、
ひだまり不動産の社長さんの言うことはもっともな事ばかりで。


結局この物件は『もう少しゆっくり考えてみます』とお返事をしてキャンセル。
また一から物件探しをすることにたしました。

神様はきっといるよ。
今にして思えば、焦るあまり無理強いをしてあの物件を買ってたら今頃は・・・
と思うと、かなり恐ろしいです。
一生を左右する物件探しはもっと慎重にならなければ。
ひとつ勉強になりました。
そして、出会うべくして出会う運命みたいな人っているのかもしれない、
とも思いました。


comment 2 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。