--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12.27
Fri
131227-1.jpg


なんとなく物件が決まった時点で、ゲストハウス開業に関連するお役所へ事前確認。
自分で簡単な間取り図を作成して相談に伺いました。

まずは高松市役所、建築指導課へ。

質問)
用途変更をしない古い建築物の大幅なリノベーションに建築確認申請は必要ですか?

お答え)
増築を10㎡以上する場合、主要構造部(柱、梁、階段等)を半分以上変更する場合は申請の必要あり。
それ以外はいくら古くても、内部の間仕切り壁を触っても問題ないとのこと。

ちなみに、用途変更をする場合(住宅→旅館)は、
新たな用途で使用する面積が100㎡を超えれば建築確認申請が必要です。


続いて、保健所、環境衛生係へ。

保健所では、旅館営業許可申請についての説明を受け、
旅館業法施行条例に基づく簡易宿所営業の施設の構造設備基準について教えていただきました。
そこで、
質問)
構造設備基準条項に
   ・宿泊者の需要を満たすことができる規模の入浴設備を満たすこと
   ・適当な数の洗面設備と便所を有すること
とありますが、適当な数とは何人に対して一つ必要なのでしょうか?

お答え)
あーーーのーーー・・・明確な基準はありません。
図面を見てこれなら大丈夫そうかな~とか、もうちょっと増やしたほうがいいんじゃないかなぁ
といった感じでして・・・すみません、ちゃんとした答えがなくて・・・

(私)えっ?!それって担当者の感覚で判断するんですか?
(担当者)まぁ、そうですねぇ、今までの経験や対応できそうかどうかで判断してまして・・・

だそうです。
すごくファジーだけどそれ、すごく助かるかも。
ちゃんと説明できれば色々と融通が利くってことだし。

でもこれは市によって色々のようです。
きっちり宿泊者の数によって数を決めている保健所もありますよ。
香川県、おおらかで良かった!


そして、消防局へ。

まず、どこの消防署へ行っていいのか分からなかったので、近くの一番大きな消防署へ。
消防署の中ってなかなか入る機会がないから、ちょっとドキドキ。
開業予定場所を伝えると、その地区の担当消防署へ行かないといけないそうです。

消防局での説明は、
建物の規模・宿泊者数によって消防設備の設置基準があること、
オープンまでに防火・防災管理講習を受講しなければならないこと、
について説明がありました。

消防設備は何がどれだけ必要かは、その地区を担当する専門の業者さんに見てもらって
誘導灯や消火器、非常用はしごなんかを設置したら、
その業者さんから消防署に『設置したよ』って連絡があるからそれでいいよ。
と言われたのですが・・・

それってさ、価格競争をすることがないってことだから
正味な値段って分からないし、色々癒着の問題とか天下り的なこととか、
どうなんかな・・・
って帰り道ブツブツ言ってたら、夫から『皆まで言ってはいけません』と言われました。
きっと色々、いろいろあるよね、、、


特に問題もなさそうだし、あとは工事費見積書を待つばかり、です。







スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。