FC2ブログ
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11.17
Mon
141118.jpg


しばし工事が中断しているので、
その間にゲストハウス開業時に皆さんの大きな壁となる、
用途変更伴う建築確認申請について書こうと思います。

ゲストハウスや福祉施設などの開業を考えていらっしゃる方が必ず悩むこの問題。
この場で詳しくはご説明しませんが、興味のある方は下記サイトをご参照ください。

『用途変更って?なぜゲストハウス用の物件は、100平米未満がよいのか?』

建築確認申請で必要となる費用として、
 ① 一級建築士事務所への図面作成費(意匠デザインも依頼する場合はその費用も)
 ② 申請費
をまず思い浮かべると思いますが、それ以外にもこんな費用がかかります。
 ③ 許認可が下りるまでの物件維持費
   (賃貸の場合は賃借料、購入の場合はローンの返済など)
 ④ 建築基準法の宿泊施設で決められた施設設備の整備

このようなことから、初期費用を安く済ませるために
100㎡以下の規模でゲストハウスを始めることを選択する
ゲストハウスが多いと思います。

私も当初は100㎡未満の物件か、用途変更を必要としない
ビジネスホテルや旅館の空き物件をさがしていました。
でも、色々考えているうちに、100㎡にこだわることへの限界を感じました。

つまり、100㎡では集客にかなりの限界があるのです。
80㎡くらいの普通のマンションをイメージしていただくと分かりやすいと思うのですが、
ゲストハウスに必須のリビングスペース、シャワールーム、トイレ、洗面、
を差し引くと、部屋はせいぜい3部屋しかとれません。
(残り20㎡はスタッフルームやキッチンなどで必要)
4名ドミが2部屋に、2名個室が1部屋としてもキャパは10人です。
もし、これがキャパ20人にできたら・・・
1日10人(多く宿泊できる)×30日(1ヶ月)×稼働率50%として=150人
宿泊料3,000円として、1ヶ月で45万円多く稼ぐことができます。
もちろん東京や京都、大阪の中心部だとすれば、もっと稼働率も高いので
差額はもっと広がります。

で、私の場合、例えば確認申請に伴う費用として200万かかったとしても、
4~5ヶ月で元は取れるやん、とドンブリ勘定をしたことから、
やりたい広さで開業することを決めました。
実際に確認申請を乗り越えて開業している方だってたくさんいるし、
誰かにできるなら私にだって出来るはずです。

とまあ、能天気さ炸裂で突き進んだ訳ですが、
こーーんなに大変だとは思いませんでした。
(体力的にしんどいのではなく、気を揉みまくるし、思いも寄らない出費がかさむ)

そこんところ、追々アップしていこうと思っていますが、
確認申請を乗り越えた感想としては・・・
挑戦する価値はあると思います!
公庫の融資や、創業者支援制度など、色々資金を集める方法もあります。
何年もゲストハウスを経営するつもりであれば、
(最初は資金的に苦しくても)長い目で見ればきっと『良かった』と思える日が
くると信じています。

スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
10.30
Thu
いつもお世話になっている壁紙屋本舗で、
壁に塗るペンキのサンプルを22色取り寄せました。

141030-01.jpg

以前住んでいた家の壁もこちらのペンキでいろいろ塗っていました。
リビングは、オレンジと茶色を混ぜたようなベンガラ系の赤。
キッチンはオリーブグリーンなど。

1色だけ塗るより、部屋の壁の面によって色を変えたりするのも楽しい。
例えば、こんな色の組み合わせってフランスっぽいかも。

141030-04.jpg

お気に入りのこの組み合わせは、北欧っぽいし。

141030-03.jpg

日本の住宅ではあり得ない、こんな組み合わせも面白いかも。

141030-02.jpg

それぞれの色についている名前もとっても素敵。

ペンキは、塗料の状態で見たときと乾燥した後では少し違うので
色見本を作ります。

141030-05.jpg

泊まっていただいた方が、「こんな壁の色ステキ!」って思って
自分の家も塗ってみようと思っていただけるようなお部屋を目指します。

どの色にしようかな、
なやむけど、考えている時間が楽しい・・・


comment 3 trackback 0
10.28
Tue
ゲストハウスのイメージを構成するインテリアは、
宿泊すること自体にはあまり関わりはないですが、
旅行の楽しみでもある滞在する空間のイメージを左右する重要な脇役です。
TEN to SEN のインテリアは、シャビーシックスタイルで統一したいと思っています。
「シャビーシック=古びた味わいのある、粋な」と訳されていますが、
古いものを上手にインテリアに取り入れるフレンチスタイルが女性に人気だったり、
インダストリアル(工業)系だと、シンプルで男女問わず人気ですね。

女性が大好きなおしゃれな雑貨屋さんやカフェのように、
アンティーク家具をたくさん使いたいのですが、なにせ予算がありません。
ですので、ポイントとなる重要な部分には、本物の古い家具を使い、
あとは自分で作ったり、市販のものをエイジング加工したものを置こうと思っています。

その中でも前回ブログで紹介したアンティークドアは絶対ゆずれないアイテム。
それひとつで全体の空気感が締まるような本物を用意しなければ!
と思っていたので、手に入れることができて本当にラッキーでした。

そこで、今手元にあるアイテムはこちら。
レトロなガラスの建具。

141028-01.jpg

幅152cmで小さな窓がいっぱい並んでいます。
半分はスリガラスになっていて、昔の日本の家のものだと思います。
木の縁の擦り切れ具合がいいんですよ。

141028-02.jpg

これも自分でヤスリをかければ似たような感じに作ることはできますが、
微妙なところ、自然にできたヒビや、汚れ、意図して出来ない小さなところが
パッと見たときの印象を左右するんだと思います。
ちなみにこの建具は、2階のラウンジスペースのキッチンカウンター上の仕切りになります。
その前には4mのベンチシートを置くので、お客様が座ると正面にこの建具がきます。
小さな窓からオレンジ色の光がこぼれて、温かい雰囲気になると思います。

こちらは、近所のアンティークショップで見つけたもの。

141028-03.jpg

何に使うものかわかりません。
蓋に大きなハンドルが付いています。
開けるとこんな感じ。

141028-04.jpg

持つところすべてに木が使われているので、
何か熱いものを入れたんじゃないでしょうか?
使い道は、まだ決めていないのですが、青銅色が美しかったので
思わず買ってしまいました。

どこで登場するかは、完成してからのお楽しみです。


comment 2 trackback 0
10.23
Thu
運命の出会い、と言っても大げさではないと思うほど素敵な
フランスのアンティークドアを手に入れました。

外側はミルクチョコレートのような優しい茶色。

141023-01.jpg

内側は、まさにフレンチブルー。

141023-02.jpg

アイアン部分はガラス扉になっていて、開けることができます。

141023-03.jpg

※今ドアは梱包されたままなので、購入したお店の写真をお借りしました。

写真では小さく(標準サイズ)見えますが、高さが227cmもあります。
(一般的な家の天井高さはだいたい240cmなので、かなり大きいです)

正確な年代は分かりませんが、何度も塗り替えられた塗装や
傷や角の磨り減った感じからして、かなり年代物。
フランスの蚤の市で仕入れ、日本には9月に船に乗ってやってきたそうです。
フランスで生まれたこのドアも、何十年もして、
まさか日本の高松にやってくるとは思ってなかったことでしょう。
きっと、このドアの外には素敵な風景が広がっていたんだろうな・・・
と想像(妄想?)が膨らむような、存在感のある佇まいです。

このアンティークドアはゲストハウスの玄関になります。
お客様が最初に目にする場所、そしてゲストハウスへ迎え入れる場所。
つまり、TEN to SENの顔といえます。

このドアから一歩中に入って、
日常とは違う空間を楽しんでいただく入り口。

早く皆さんがこの素敵なドアとご対面できるように頑張らないとね。


comment 4 trackback 0
10.21
Tue
そういえば、屋上緑化のその後をご報告していませんでした。

とりあえず今できる植え付け作業を終え、
市役所の屋上緑化助成事業完了報告書も無事提出。

こんな感じになりました。

141021-01.jpg

141021-03.jpg

あ・・・中央の大きなトネリコの木・・・
植えつけた1週間後に来た台風18号(前々回)の影響で根がグラグラと動いてしまい、
1日で葉っぱをすべて落としてしまいました。

141021-02.jpg

ふぇーん。
でも、植木屋のおじちゃんが、「植え付け後葉っぱが全部落ちるかもしれへんけど
水をやり続けてたら初夏にいっぱい新芽を出すから心配せんでいいで」といっていたので
今度は幹が動かないようにあらゆる方向に紐を渡して、台風19号をやりすごし・・・

なんと、もうすでに新芽がいっぱい出てきました!

141021-05.jpg

よかったよー!
よく頑張った!!

トネリコは基本常緑樹ですが、寒すぎたり、疲れたり、しんどいなーって思うと
葉っぱをすべて落として力を蓄えるんだそうです。
一生懸命生きているって感じがして、かわいくって仕方がありません。

そして、いちじくも、
先っぽに小さな実をつけました。

141021-04.jpg

実が大きくなる前に寒くなって、この実を収穫して食べることは無理そうだけど、
来年はいっぱい実が取れるようになればいいな。


comment 0 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。