FC2ブログ
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06.25
Wed
大掛かりな解体はおおよそ済んだので、
デザイナーさんや工事担当の方と打合せをして、
残りの解体箇所の確認。
できるだけ予算をかけないために、天井や床は塗ったり貼ったりで
今あるものを極力再利用することにしました。
ということで、最後の解体に取り掛かります。

和室の土壁を剥いだり、
140625-02.jpg

廊下の中央にあったドアと仕切り壁を撤去。
そしたら表面を覆うボードの内側がブロックだと分かったので、
ここも撤去することに。
140625-01.jpg

以前はこんなのですが、
140625-03.jpg

あーー、スッキリした。
140625-04.jpg


スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
06.18
Wed
ゲストハウスTEN to SENは、日本一長いアーケードの高松中央商店街に隣接しています。
ちなみにアーケード(下の図で色のついた線)の長さを全部足した総延長が日本一長いのが、高松。
アーケードの直線距離が日本一長いのが、大阪の天神橋筋商店街です。
わたくし、以前の勤め先が天神橋筋商店街に近かったため、ランチや飲み会などでよく歩きました。
そして今また商店街のそばで働くことに。
妙な縁を感じるというか、商店街が好きなのかな・・・

140618-map.gif
※こちらの図は高松商工会議所さんのものを拝借いたしました。

商店街の一番北、兵庫町(オレンジ)と片原町(みどり)と丸亀町(ピンク)の交差点に、
ミラノのガッレリア(は言い過ぎだけど)を模したようなドームがあります。
140618-01.jpg
最近テレビで丸亀町商店街の再生プロジェクトなんかをやっていましたが、
とっても明るくてきれいで、このあたりはオサレな人も多く出没する地域です。
(ちなみにご紹介する商店街の写真すべて、閑散としているのは朝が早いからで、
お店が開きだす11時以降は結構な人通りです)

商店街を南へ少し下って、丸亀町商店街の入り口はこんなに都会的
140618-03.jpg

でも180度振り返って南新町商店街のほうを向くと
140618-04.jpg

一気に庶民的な、地方の商店街って感じになります。

南新町商店街入り口から350m南へ下ると、
常盤街商店街と田町商店街の交差点があります。
140618-05.jpg

この交差点を左へ行くとことでん瓦町駅、
右へ行くとTEN to SENゲストハウスです。

もう少し詳しく説明すると、瓦町駅から常盤街商店街を進むと、
上写真の交差点に突き当たり正面に交番があります↓
140618-06.jpg

この交番の裏に広場があって、その広場の先の角を左へ行けばすぐです。
140618-07.jpg

写真右の『ソレイユ』の建物は映画館です。
左側のインド料理屋さんはおいしいし、この手前には本格的なスペインバルが。
お向かいにはインドネシア料理屋さん、ライブハウスや古着屋さんが多いなど、
ゲストハウス周辺はとても個性的なお店が多いのです。
そのうちまたご紹介したいと思います。

ちなみに高松中央商店街には3匹のゆるきゃらがいるのですが、
こちらは常盤街商店街のときたま君。
140618-09.jpg
キメポーズだそうです。

そして、とても礼儀正しい。
140618-10.jpg



comment 0 trackback 0
06.12
Thu
140611-01.jpg


物件の解体作業は、設計プランと調整しないといけないので
やたらめったら壊すわけにもいかず、今はとりあえず様子見中。
解体作業がないときは、香川県のいいところや美味しいお店を
ゲストの皆さんにお伝えできるように、日々勉強という名の
のほほん遠足です。

今回は八栗寺のご紹介。
四国八十八箇所霊場の第85番札所。
一番から周っていたら、あと残り3つというクライマックス感で感情が高ぶったり、
感慨にふけるにはちょうどいい具合の岩のダイナミックさと、しっぽり感が美しいお寺です。

こちらのお寺、五剣山という山の8合目あたりにあります。
左の鳥居が正統派お遍らーが自力で登ることのできる登山道。
でも、ほとんどの方がふもとからケーブルカーを利用するようです。
140611-03.jpg

後ろの山が五剣山。
『なんや、四剣しかないやん』って感じですが、五剣目は災害で崩れたそうです。

ケーブルカーはオレンジと緑色。
涙目の豚鼻くんって顔つきです。
140611-05.jpg

八栗寺の背後に見える五剣山の荒々しい岩肌と深い緑がとっても素敵。
140611-04.jpg

お遍路さん、街中でも1日数人は目にします。
こちらはお若いご夫婦のようでした。
荷物を背負ってないので、車遍路か区切り打ちかと思われます。
140611-02.jpg

きっと四国で生まれ育った方は、お遍路さんの歩く姿は日常の光景だと思いますが、
兵庫県育ちの私は、街でお遍路さんを見かけると、『おーーー!』って反応してしまいます。
今住んでいるマンションの前の道がお遍路道なので、最近ようやく慣れましたけど。
私もいつかは歩きお遍路に挑戦したい、と思いつつ、おもいつつ、
重い腰がなかなか上がらない。
だって1300km歩くってなかなかの気合が必要。
でも、行くなら開業前の今しかないわよねぇ・・・

意思の弱い私は、お遍路よりも食べること優先。
ふもとのケーブルカー前に、いいだこおでんで有名な食堂。
140611-07.jpg

お母さん、厚揚げとー、いいだことー、ごぼてんねー。
140611-06.jpg



comment 0 trackback 0
06.09
Mon
破壊マニアはどんどんエスカレートしていきます。

この壁が、
140609-01.jpg

こうなって
140609-02.jpg

こうなりまして、
140609-03.jpg

和室と
140609-05.jpg

二部屋続きだったここの間の壁も、
140609-04.jpg

がっさーーっと取り払って
140609-06.jpg

こんなにスッキリ。
140609-07.jpg

ところどころ柱が残っているのは、
取っ払っちゃうと天井が落ちてくるので、撤去は最後のお楽しみです。

大量に溜まってきた廃材
140609-08.jpg

この廃材を使って屋上にウッドフェンスを作る予定です。

comment 4 trackback 0
06.06
Fri

気持ちのいい晴れた日に小豆島へOne-day trip♪

朝9時発のフェリーに乗るために、高松港までことでんで。
140605-02.jpg

ことでん、かわいすぎる。
この緑色は長尾線、お気に入りは琴平線の黄色。
でも、屋島をバックに見るピンク色の志度線も素敵。
ことでんラブネタはまた別の機会にでも・・・

近所の花園駅から3駅で高松築港駅へ。
目の前がフェリー乗り場で楽チン。
小豆島土庄行きのオリーブラインで片道690円、1時間の船旅。
140605-03.jpg

この日はたまたま、小豆島土庄本町地区の「迷路のまち」で島マルシェ。
小規模ながら、露店が出ていたり
140605-05.jpg

ゆる~~~い感じのイベントも・・・
最近ピアニカが気になって仕方がない。
140605-04.jpg

迷路のまちからバスに乗って、オリーブ公園へ。
今、オリーブ公園には、ハーブガーデンとともに、映画『魔女の宅急便』の撮影で使われた
キキのグーチョキパン屋が移設されているのです。
140605-06.jpg

内装がかわいくてうっとり。
140605-07.jpg

そのほかにも、オリーブ公園には風車とか
140605-08.jpg

横のオリーブ園にイサムノグチの遊具があったりして。
140605-09.jpg

近辺をぶらぶらとしてから、再びバスで土庄港近くのエンジェルロードへ。
なんでも1日2回、潮が引くと現れる道を、
手をつないで渡ったカップルは将来結ばれるんだとか・・・。
140605-10.jpg

もう結ばれてはおりますが、15年連れ添った私たちも手をつないで渡ってみました。
どうか捨てられませんように・・・

comment 0 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。