FC2ブログ
12.30
Tue
12月30日、2014年の工事を終え、お正月休暇へ突入いたします。

物件購入が2月28日、
紆余曲折、トラブルを乗り越え、建築確認申請許可が下りたのが10月7日、
11月4日に物件工事が始まってから57日間。

今まで応援してくださった皆様、
職人の皆様、お手伝いしていただいた皆様、
ありがとうございました。
相変わらずのマイペースですが、なんとか無事年を越すことができそうです。

そこで、2014年の工事前から現在までのビフォーアフターをまとめてみました。

まずは、何もなかった2階。

141230-09.jpg

入り口、トイレ、階段付近のブロック、分電版が撤去され、壁が立ち上がりました。
手前はスタッフルーム、奥の壁裏は新しくトイレになります。

141230-10.jpg


つづいて3階。
玄関から洋間へと続く廊下は

141230-13.jpg

こんなに解体されて

141230-12.jpg

左側の洋間は、

141230-22.jpg

壁を少し奥にずらして、部屋を広くしました。

141230-23.jpg

キッチンのとなりの8畳和室の壁も

141230-14.jpg

撤去され

141230-15.jpg

一間の広い部屋になります。

141230-02.jpg

3階のお風呂も

141230-24.jpg

シャワールームへと作り変えました。

141230-01.jpg


そして4階。
廊下の突き当たりの和室とアーチドアの洋室は、

141230-16.jpg

壁をすべて撤去。

141230-17.jpg

アーチの枠は残したまま、押入れをシャワールームに、
残りは個室3部屋に分けるように壁を作り、廊下の突き当たりは納戸になります。

141230-03.jpg

6畳の和室は、

141230-18.jpg

解体した押入れのふすまの位置で新しい壁を作り、

141230-19.jpg

アーチドアの内側の広い洋室は、

141230-20.jpg

解体後、

141230-21.jpg

右側に小さな個室、

141230-05.jpg

左側に少し広めの個室を作りました。

141230-06.jpg


自分で解体を始めたのが5月~7月あたり。
それから半年近く、解体した状態だったので、
自分でも元の部屋の様子をすっかり忘れていました。
全然進んでいないようで、こうしてまとめてみると、
かなり工事が進んでいることが分かります。

工事は順調に進んでいるように思えますが、
12月20日入荷予定の鋼製ドア(防火扉)9個が、1月7日まで納期が遅れ、
鋼製ドアの溶接が終わらないと壁を作れなかったりして、
今は他の工事の進捗を調整しているところです。
でも、来年7日、溶接工事が終われば、一気にすべての工事が進みます。
逆に私がやらなければならない作業が追いつかない状態になりそうです。


長々となりましたが、
来年2015年はいよいよTEN to SENの開業です。
できるだけ早く、皆様にお越しいただけるように頑張りますので、
どうかこれからも、よろしくお願いいたします。


スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
12.29
Mon
正月まであと3日ですが、新入りがやってきました。

RYOBIの作業用集塵機(掃除機)VC-1150です。

141229-01.jpg

もうすでに、真っ白になってるけど、新品です。
安価なのにプロ仕様。
280Wのハイパワーで、ほっこりまみれの作業現場を大掃除。
自分ちの大掃除どころか、普段の掃除もおろそかにしているのに・・・です。

ほーーら、きれいすっきり。
気持ちいい~

141229-02.jpg

石膏ボードの粉塵ってほうきで掃いてもフワッと舞い上がって
全然きれいにならないので、大助かり。
こんなに掃除しても、年が明けたらすぐにまたもとの削り粉だらけになるんだけど、
やっぱり、きれいな状態で新年を迎えたいじゃない。
難点と言えば、頻繁にフィルターを掃除しないといけないのですが
(粉塵フィルターをつけないで吸ってるからダメなんだけどね)
これからここでバリバリと働いていただきます。

今日は、軽天屋さんと大工さんが作業をしています。
4階シャワールーム脱衣所に壁と天井ができました。

141229-03.jpg

他にも3階の脱衣所も完成、
2階にもだいぶ壁が立ち上がりました。

あぁ、またしてもパテ塗りです・・・


comment 0 trackback 0
12.27
Sat
真っ白なパテ粉にまみれること4日間、
ようやく2回目のパテ削り終了です。

最新高性能マスクを2枚重ねにして、顔にぴっちりつけているはずなのに
鼻の中まで真っ白になります。
サンタさん、少し遅くなりましたが、今一番欲しいものは鼻洗浄機です。

お昼過ぎにパテ削りが終わったのですが、
せっかく防塵つなぎを着ていることだし、
さらに粉にまみれることにしました。

今度はサンダーをディスクグラインダーに持ち替えて、
廊下のブロックのデコボコを削り、角は面取りをします。

141227-01.jpg

コンクリートを削るためのディスクを装着、
強力なやすりが超高速で回転します。

141227-02.jpg

けたたましい音とともに、削られたコンクリート片と粉がすごい勢いで飛びます。
最初は『キョエーーーー!!』っとドン引き状態ですが、
グイグイとブロックが削れていくので、だんだん面白くなってきます。

完成~
分かりますかね?ブロックのつなぎ目が滑らかになりました。

141227-03.jpg

でも、削り終わったあとは視界3m(ないかも・・・)
もうもうとホコリが立ち込めてあたりは真っ白。
明日、作業用掃除機買ってこなきゃ。

どんどん工具が揃って、本当に職人さんのようになってきました。


comment 0 trackback 0
12.24
Wed
メリーークリスマーーース!
スノーマンだよーーー♪

141224-02.jpg

泣くね、
諸々含めて、涙が出るよ。
クリスマスイブだっつーのに、サンダー片手に全身防塵つなぎ・・・
自撮りしている自分に悲しくなってくるわ。

温かい香川県のクリスマス、
ここだけ真っ白なパテ粉が降り積もってます。



軽天屋さんからクリスマスプレゼントが届きました。

石膏ボード追加で50枚

141224-01.jpg

うそーーーーーん (((゚Д゚))) ヒィーーー


でも、夜はね、
ゲストハウスから徒歩3分、
中央公園で開催している『高松冬のまつり』でダンナさまとおデート♥

141224-03.jpg


ロマンチックに浸るどころか、
しんどくって、屋台でから揚げ食べて早々に退散、
帰りに焼き鳥屋でビールとネギマ。

はぁー、今年も残すところ1週間、
もうひと踏ん張りがんばろ



comment 0 trackback 0
12.24
Wed
このブログを見て、ご近所にお住まいの方が助っ人に来てくださいました。
爽やか好青年Kくんです。

Kくんに課せられた作業は・・・
ブロックの溝や穴をモルタルで埋めること。
地味ーーーーー!

そんな地味な作業を朝から黙々と、夕方までひたすら作業してくださいました。

141223-01.jpg

壁の下地になっていたブロックをむき出しのまま、
最終的には白く塗って完成なのですが、
ブロックの継ぎ目にはたくさん隙間や穴があって、
ゲストが手でふれたときに引っ掻いてしまわないように、
モルタルを詰めなければ色を塗ることができません。
その作業をやる時間がなかったので、本当に助かりました。

ほら、こんなに穴埋め。

141223-02.jpg

どんな作業も習熟ってするもんで、
だんだん穴埋め作業のスピードも速くなるし、
仕上がりもきれいになっていきます。
多分、一生なんの役にも立ちそうにない技だけど、
ブロック隙間埋め職人の称号を差し上げたいと思います。

本当に、年末押し迫った、しかもクリスマスイブイブの祝日に
こんな作業をお手伝いいただき感謝です。

そこのあなた!
やってみたくなったんじゃないですか?
そんな奇特な方は、コメント欄からメッセージを送っていただくか
info@tentosen.jpまで、ご連絡ください。
いつでもお待ちしております。


comment 0 trackback 0
12.22
Mon
先週末から作業をちょっとお休みして、帰省しておりました。

4日ぶりの現場、ちょっとは作業進めてくれたかなぁーと思ったら、
ファァーーーー!2階に天井ができてる!!

141222-02.jpg

4階の部屋にもすべて石膏ボードが貼られて、
シャワールームに引戸が付いて、脱衣所ができていました(右側の白いのね)

141222-01.jpg

嬉しいけど、嬉しいんだけど・・・、
いつまでも続くパテ地獄。

考えてみたら、最初に運び込まれた150枚以上の石膏ボードすべて
パテ塗りをしなければならないのか・・・
3度塗りってのが辛すぎる。

パテ職人への道のりは厳しいよ。

こんな私を癒していただける助っ人さん、
お待ちしております。
見学だけでもOK !
ご希望の方はコメント欄からメッセージを送っていただくか
info@tentosen.jpまで、ご連絡ください。


comment 2 trackback 0
12.17
Wed
本日、最高気温4度、日本列島が大荒れに荒れた極寒の日に、
助っ人さんがお二人、作業のお手伝いをしてくださいました。

本当は楽しい壁の色塗りをしていただきたかったのですが、
パテ塗りが終わらないことには、色が塗れません。
ということで、お二人にはパテ削りをお手伝いいただきました。

141218-01.jpg

141218-02.jpg

こんな寒い日に、パテの削り粉で真っ白にさせてしまって申し訳ない・・・
でも、さすがに3人で作業をすると、色々やらなければいけないことがどんどん進みます。
お二人様、本当にありがとうございました!!
次回は色塗りをしていただけるように、早くパテ塗りを終えますね。

『ちょっとやってみたいわ』という奇特なお方!
どしどしお待ちしておりまーす。


comment 0 trackback 0
12.13
Sat
屋上への階段室、2度塗り完了しました。

141213-01.jpg

ムラもなくなってパーフェクトな白。
悲しいかな、写真では1度塗りも2度塗りも同じに見えてしまいます。

部屋の塗装イメージを考えてたら、ラテンの血が騒ぎ出しました。
前回のブログ参照 ⇒ 『いろいろなやむ』
やっぱり、非日常的な色を使いたい。
で、新たに10色、サンプルを取り寄せ。
そのうち、壁紙屋本舗のペンキサンプル、全色揃うんじゃないだろうか・・・

141213-02.jpg

上段中央のビビッドな赤で部屋を全面塗ってみたいけど、
『興奮して寝れない!』って苦情が出そうですね。


今日から4階壁のパテ塗り。
パテ塗りとは、石膏ボードのつなぎ目やビスの跡が塗装後に目立たないように
セメントパテで平滑に馴らしていく下地作りです。

元の壁はこんな感じで、つなぎ目やビス跡がデコボコしています。

141213-03.jpg

今日1日で4階の個室3部屋の1度目のパテ塗りをしました。

141213-04.jpg

私はいったい何屋なんだ・・・
潤沢な資金があれば職人さんにお願いしたい、地味だけど大変な作業です。

ここからが大変。
乾燥後ヤスリをかけたら、メッシュテープでつなぎ目を補強して
その上から2度目のパテ、そしてヤスリがけ。
そしてさらに3度目のパテ後にヤスリをかけて完成です。
先はまだまだ長い・・・

建物全部の下地を作り終わる頃には、パテ職人になれる気がします。


comment 0 trackback 0
12.11
Thu
いよいよ、屋上への階段の壁を白く塗ります。
いかに元の壁がうす汚れていたかが分かります。
築32年だけど、壁紙は一度も張り替えられてないに違いない、
と思うほど茶色く変色しています。

141211-01.jpg

階段の天井が高いんだ、これが。
必殺のびーる棒の先にローラーをつけて、ギリギリ届きます。

141211-02.jpg

壁紙の表面がボコボコしているので、ペンキをめちゃめちゃ吸います。
おまけに何度もコロコロしないと、凹凸の中まで白くならない。
ペンキを含んだ重いローラーを棒の先っちょにつけて、
火消しの纏のように上げ下げするから、腕の付け根の負担がハンパない!

一度目の塗り終了!

141211-03.jpg

右下の三角部分はボルドーレッドを塗るので、ペンキ入荷待ち。
きれいになった壁を見てると、ものすごくいい建物のように思えてきました。

でも、まだ仕上げの2度塗りが・・・
味わいという名のムラ仕上げってことで、2度塗りやめようかな・・・

腕だるい、胸筋(肩から乳にかけての筋肉)が猛烈に痛い。
でも、この筋肉って確かバストアップの筋肉のはず。
壁を全部塗り終わる頃には、美乳になってるかもしれないわー。
ちょっとやる気がでてきました。



comment 0 trackback 0
12.10
Wed
昨日、軽天屋さんが2階に壁枠を作ってくださいました。

141210-01.jpg

ひゃーーー!実際頭で描いているイメージよりもずっと狭い。
限られたスペースでは、これが精いっぱいなので、仕方がない・・・
20日ごろに鋼製ドアが入荷するまで軽天屋さんのお仕事は中断。
鋼製ドアの取り付け工事が終わったら、年末まで軽天屋さんはフル稼働になります。

職人さんが作業しているうちは、どうしてもホコリが立ってしまうので
壁の色塗り作業ができないのですが、来週末までほとんど職人さんの出入りがありません。
今のうちにできるところの壁塗りを始めます。

今日はこの作業だけで終了。

141210-02.jpg

屋上へ上がる階段壁の下地処理を済ませ、養生し、
ローラーの入らない隅部分を刷毛で塗りました。
養生って意外と時間がかかります。
一人でやるにはちょっと大変・・・ということで、
突然ですが、

作業をお手伝いしていただける方を大・大・大募集です。

壁にペンキを塗ったり、簡単な木工作業、DIYに興味のある方、
ゲストハウスの内装作業をお手伝いいただけませんか?
基本的には簡単な作業ですので、初心者でも全然OKです!



ご興味のある方は、当ブログ左下の小さなアイコンをクリックし、
コメント欄に希望日時と連絡先を書いて、『管理者にだけ表示を許可する』に
チェックを入れてご連絡ください。
または、info@tentosen.jpまでメールをお送りください。

作業をしない日や、職人さんの作業内容によって塗装ができない日がありますので
事前に必ずご連絡ください。突然現場に来ていただいても、誰もいない場合がございます。
また、作業はものすごーーーく服が汚れます。
ドロドロになってもいい作業服をご用意ください(着替える場所はあります)。
あと、とても寒いです。防寒対策もよろしくお願いいたします。

よろしくお願いしまーーーす。
comment 0 trackback 0
back-to-top