FC2ブログ
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02.05
Wed
140205-1.jpg


まずは、物件購入のためにお金を借りなければいけない。


どこで借りればいいのか?大きく分けて2種類あります。

  1)銀行・信金などの金融機関
  2)日本政策金融公庫や商工会議所などの公的機関

新規創業の場合は日本政策金融公庫を利用するのが一般的です。
日本政策公庫(以下公庫)では、無担保・無保証人で1500万円まで融資が可能ですし、
自己資金が少なくても、事業経験がなくても、お金を貸してくれる
(チャンスを与えてくれる)機関です。
→ 日本政策金融公庫 http://www.jfc.go.jp/
商工会議所なども同じような新規創業融資制度がありますが、
色々な制約があります。
→ 香川県商工会議所 融資制度一覧表

銀行などの一般的な金融機関は、基本的に実績のない人にお金を貸してくれません。
いくら夢を熱く語っても無理、今実際いくら稼いでるから返せます!ってことが必要です。

※ちなみに、公庫も夢には耳を傾けてくれません。(面談を終えた感想です)
『こんなことするから絶対女子受けするし、お客さんもタンと来てくれます!』なんて
不確定で何の根拠もないことには一切触れられず、
面談で質問される内容は、夢も希望も関係ない事実確認ばかりです。
何をするのにいくら必要で、自己資金はいくらあって、
今までの職歴を事細かに尋ねられ、いかに事業計画(資金面)を突き詰めて考えているか、
家族のサポートや事業がうまくいかなかったときでも返済できるバックボーンがあるのか、
などなど。


ここでひとつ問題が。
物件購入費が当初予算の倍必要になってしまったので、
内装工事費や備品購入費などを含めると、
無担保・無保証人限度額1500万円を超えてしまいます。

とりあえず、ざっくりとした創業計画書(公庫の融資申込に必要な書類)を作成して
公庫へ相談に伺いました。
そのとき窓口で担当してくださった方曰く、

『うーーん、基本的に2000万円以上なら絶対担保が必要なので、
 それ以下なら可能性がないこともないですが・・・』

えっ?じゃあ2000万以下なら1500万を超えても無担保でもOKなのね?!
(この最初のズレが後々結構大変なことへ発展いたします)

なんだか結構気が楽になって公庫の融資申込書類作成へと進みます。

スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://tentosentkm.blog.fc2.com/tb.php/14-8050ab27
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。