FC2ブログ
02.24
Mon
140224-1.jpg


ブログ内容が前後しますが、日本政策金融公庫の面談について。

以前のブログにも書きましたが、融資申込書類提出後、3日後くらいで面談担当者より
電話がかかってくるので、面談日を決めます。
その後、速達で面談担当者名、面談日、当日持って行かなければならない書類等が書かれた
書類が送られてきます。
当日、用意しなくてはならない書類は、
  ・売上予測や経費計算に用いた資料
  ・確定申告書(過去2年分)(している場合)
  ・自己資金蓄積や普段使用している預金通帳(家族分を含む)
  ・夫の源泉徴収票
などなど。
とにかく、今の自己資金や過去の収入、家族の収入、お金の使い方まで、
あけっぴろげにお披露目しなければなりません。
家族も含め、カードや公共料金の引き落とし期日に延滞をしていないかなどがチェックされるんだそうな。
ときどき延滞してしまっている方は、半年は融資の申し込みをやめたほうがよさそうです。

これらの書類をすべて揃え、事業計画書や想定質問をまとめた解答書を持って、
いざ!面談へ。
当初、融資の申込は家の近くの公庫(神戸市)で可能とのことだったのですが、
今後のことを考えて高松での申請を勧められたので、面談も高松で行います。

朝7時のバスに乗って高松へ。
普段、ヘドロのように寝起きの悪い私が、緊張のためか目覚ましがなる前に起きました。
バスのなかで何度も事業計画書に目を通し、質問されるであろう内容を暗記!
朝10時に高松へ到着。
面談まで40分は余裕があるので、大好きな喫茶城の眼で朝食と珈琲。
ここまで来たら腹を据えるしかなく、心を落ち着かせます。

約束の時間10分前に公庫へ。
受付で名前と面談担当者の名前を告げ、しばらく待っていると面談担当者が・・・

よかったーーー!
電話の印象通り、優しそうな(でも容赦はしてくれなさそうな)おじちゃんでした。
この時点で、ちょっと一安心。

ブースに案内され、1時間の面談の始まりです。
スポンサーサイト




comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://tentosentkm.blog.fc2.com/tb.php/19-5bdc5c3b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top