FC2ブログ
04.20
Thu
まず初めに・・・
ブログの更新をすることを、すっかり忘れておりました。
前回の更新は2016年8月5日、もう8か月以上も経っています。
サボっていたわけではなく本当に、ブログという存在自体をすっかり忘れておりました。
3年目に突入したTEN to SEN、これからはちゃんとブログに力を入れたい所存でございます。

さて、ということで、2年前の4月20日TEN to SENは生まれました。
お決まりの言葉ですが、本当にあっという間で、まったく実感がありません。
特に昨年は瀬戸内国際芸術祭で、会期終了の11月8日までほぼ満室状態が続いたこともあり、
昨年1年間の記憶がほとんどありません。

たくさんの国内・海外のお客様をお迎えし、
失敗したり、反省したり、ちょっと成長したりして、
お客様からも応援のメッセージをいただき、周りからも支えられ、
3年目を迎えることができました。
改めて、TEN to SENに関わっていただいたすべての皆様に感謝いたします。

これからも皆様から愛されるTEN to SENで在り続けよう!ということで・・・

お客様満足度向上計画第4弾!2段ベッド快適化計画(その1)


今年もこれからも、TEN to SENのDIYに励みます!
2年前、オープンしたときは、とにかく色々なことに追い立てられ、
とにかく期日までにオープンしなければならず、
できるだけ手間を省けるように色々なものを作りました。
そのうちのひとつが、ドミトリールームのベッドのはしご。
上り下りが大変だし、いつか斜めにしよう、しよう、しよう、しよう・・・
で、気づけば2年が経ってしまいました。

今のミックスドミトリーの様子がこちら。

170420-01.jpg

はしごがベッドに垂直についています。
お客様の上り下りも大変だし、毎日ベッドの掃除をしている私たちも大変です。

で、まずははしごを取り外しまして、

170420-02.jpg

屋上で新たなはしごになる2×4材を丸のこでカットします。
小春日和の爽やかな風と日差しが、重い腰を上げるのに一番いいわけです。

170420-03.jpg

あとはひたすらステップ部分をねじ止め。
こんな感じに完成しました。

170420-04.jpg

見えにくいですが手摺もつけて、上り下りが超ラク!
見た目、そんなに変わらないやん、と思われるかもしれませんが、
もうね、これはね、なんで今まで早くやらんかったんや・・・と深く反省するほど快適です。

次は女子ドミなんだけど、
女子ドミはもっと大胆に改造する予定。
そしてもっとお客様が滞在を楽しんでいただけるように、色々な仕掛けを打ち出す予定です!

それが何かはこうご期待。
TEN to SENはどんどん成長していく宿として頑張ります。

3年目のTEN to SENをよろしくお願いいたします!!
comment 0 trackback 0
08.05
Fri
TEN to SENの工事が始まる前からずっと、
屋上には植木をたくさん植えて、
人工芝をはって、
雨が当たらないようにパーゴラを作って、
喫煙スペースやランドリースペースをそこに置いて、、、
とモヤーーーっと妄想を抱いていました。

まだ工事に取り掛かれない2年前の夏、とりあえず屋上に植木をたくさん植えたものの、
いざ工事が始まったらそんなことをする余裕もなく、オープンを迎え、
絶対急務の案件でもないので、ついつい後回し後回し、
面倒くさいな~なんて思っていたら2年も経ってしまいました。

このたび、とうとう重たい腰をヨイショと上げ、妄想が実現したのでご報告。

まずね、ここに踏み込むまでに相当気合がいるの。
毎度お世話になります「西村ジョイ」で材木購入。

160805-01.jpg

もろもろの工具とともに5階までヒーヒーと持って上がります。
そこで設計ミス。
パーゴラの幅を3mで設計していたので一番長い横木は3m。
4階まで持って上がって、最後の階段のコーナーがどうしても回らない・・・
仕方がないので、廊下の途中で材木を切断しました。

そんなこんなが、なんやかんやありましたが、とりあえず枠組み完成。

160805-02.jpg

屋根を付けて、
トタン屋根を貼り、
ウッドパネルを敷いて、
人工芝を敷く。

で、かんせーーーい。

160805-03.jpg

やっぱりね、真夏の屋上で作業はするもんじゃない。
汗だくにもほどがあるほど汗だく。

でも、パーゴラの下に座って見る植木はきれい。

160805-04.jpg

人工芝を敷いて、爽やかさがアップしました。

本当はね、もっと流木なんかでいい感じにサビレ感を出して、
大きな植木鉢の足元に低い植木やレンガや石を飾って、ってしたいんだけど、
夏の日差しが私の意思を削ぐんです。

とりあえず、洗濯機は早く持って上がります。
もうすぐ、TEN to SENにランドリースペースが完成します。


comment 0 trackback 0
04.20
Wed
ちょうど一年前の今日4月20日
TEN to SENゲストハウス高松がオープンしました。

この1年間応援してくださった皆さま、ご宿泊いただいたお客様、
そのほか、色々なことでTEN to SENに関わってくださった皆みなさま。
なんとかTEN to SENは一年目を無事に終え、2年目に突入することができました。
本当にありがとうございます!!

高松もようやく瀬戸内国際芸術祭春会期を終え、
大賑わいだった町は少し落ち着きを取り戻し、
1ヶ月間ほぼ満室続きだったTEN to SENも、ウソのようにご予約が減り、
ゴールデンウィークまでは、しばらくのんびりモードで過ごせそうです。

そして私自身、会期終了と同時に2日間をお休みをいただきました。
で、お休み初日何をしていたかというと・・・
1年間ずっと、やらなきゃ、やらなきゃ、気に咎めながらもとずーーーっと放置し続けていた、

女子ドミベッドの筋交いを、とうとう付けました!!!

「?」

と思われた皆さん、ご説明いたします。
TEN to SENの2段ベッドは手作りなのですが、女子ドミのベッドは作った当初から軋みがあったんです。
上の段に上るとギシギシと音がして揺れるのです。
最初はそれほどひどくはなかったのですが、日に日にその軋みはひどくなり、
最近では予約サイトの評価のマイナス点に書かれることも。
(就寝中不快な思いをされたお客様、本当にすみません!)
ずっと、ずーーーと、作った当初からベッドに筋交いを入れないと、と思っていたのですが、
なんせすべて木で作ったこのベッド、めちゃめちゃ重い。
しかも、完璧すぎる(?)設計で天井とベッドの隙間が1cmもないので、移動がとにかく大変。
しかも女子ドミは人気で常にご予約が入っていることが多く、なかなかねー。

そしてこの度、重い重い腰をついに上げて、とうとう筋交い入れました。
それがこちら!
160420-01.jpg

分かりますか?
四隅にあるチェックの三角形。
筋交いは通常斜めに板やワイヤーなどで補強することが一般的なのですが、
それじゃあなんだかかわいくないし味気ない。
ってことで、四隅を固めて、尚且つその板にドイツ製Rushの壁紙を貼りました。

160420-02.jpg

おベッドなので、布地柄にしてソフト感を演出。なんつって。

これでかなりの揺れと軋みが解消されました。
これで瀬戸内国際芸術祭夏会期&お盆ラッシュは万全。
ずっと気になっていたことが一つ解消できました。

こんな感じで、TEN to SEN2年目初っぱなもDIYネタですが、
皆様に快適にご宿泊いただけるゲストハウスとして、今後とも努力を惜しみません!
どうか2年目のTEN to SENをよろしくお願いいたします!!


熊本地震で被災された皆さま、そのご家族、ご友人の皆さま、心よりお見舞い申し上げます。
自分でできること、お役に立てることを、少しでも続けていきたいと思っています。

comment 0 trackback 0
04.04
Mon
共用キッチンを作ったスピンオフ的な感じで、
ラウンジのテーブル(工事のときの作業台をそのままテーブルとして使用)を
ちゃんとしたものに作り替えました。

共用キッチンを作ってから、ラウンジでお食事するお客様も増えたし、
食事をするなら以前の高さの低いテーブルよりも高さがある、
ダイニングテーブル的なほうが食べやすいので、ということで。

作業工程の写真を撮り忘れたのですが、
こんな感じになりました。

160404-1.jpg

反対側から見るとこんな感じ。

160404-2.jpg

なんだかとってもスッキリしました。

材料は3mの足場板3枚と、インダストリアル系細足シンプルな
スチール製テーブル脚2セットです。

3mの足場板は1.5mずつ切って、
3枚をダボでつなげて大きな1枚板にして金具で固定、足を付ければ完成。
ではなく、今から蜜蝋ワックスを塗り塗りします。

ってことで、簡単にテーブルを撤去できなくなっちゃったので、
たくさん人が来るイベントはできなくなってしまいました。
が、使いやすさ優先ということで、まぁいいか。

TEN to SENは、5月6月のスタッフを募集しています。
暇です、という方いらっしゃいませんか?
詳しくはこちら↓
『TEN to SEN で働きませんか?スタッフ募集のお知らせ』
comment 0 trackback 0
03.08
Tue
世の中の学生さんは春休み真っ只中。
3月20日の瀬戸内国際芸術祭開幕の前にも関わらず、
毎日学生さんを含むたくさんのお客様にお越しいただいているのですが、
そんな中、1日お休みをいただいて、
ちょっと大ががりな工事をしました。


朝10時、チェックアウトのお客様をお見送りして、
バババッっと、ラウンジは一気に1年前の工事現場の様相に逆戻り。

160308-01.jpg

今回のお客様満足度向上計画は・・・
ラウンジのキッチンを

お客様が使える共用キッチンにしますっ!!

そのためには、スタッフルームとキッチンを分ける壁とドアが必要ってことで、
お久しぶりの軽天職人さんにお願いして壁を作っていただきました。

160308-02.jpg

早い早い、
自分でやったら資材の調達もろもろ含めて3日はかかるのに
2時間で希望通りの壁ができました。
お願いをすぐに聞いていただける腕の立つ職人さんが身近にいるって心強い!

さて、ここからは私の出番。
苦手なパテ塗・・・
あぁぁ・・・つらい。

160308-03.jpg

壁に色を塗って、冷蔵庫を元に戻して、

160308-04.jpg

あとはドアを付ければ、共用キッチンの完成です。
ドア、いつ付けられるかな・・・


当初は、周辺に飲食店がたくさんあるし、安いうどん屋さんもたくさんあるし、
ラウンジで何か食べたり飲んだりするよりも、
高松のお店を楽しんで欲しい、という願いもあって
共用キッチンを作らなかったのですが、
それは宿側の余計なお世話なのかもしれない、と思うようになりました。
共用キッチンができれば、ちょっとした朝食や飲み物を自由に作れるので、
連泊のお客様は便利になるはず。
特に海外からの旅行者は、安く旅費を済ませるためにキッチン、使いたいですよね。
一人でお店に入ると、結構高くつくし。

共用キッチンにしてみて、何か問題やダメなところが出てきたら
その都度改善していけばいいかな、と思います。

ってことで、共用キッチンが完成したら、
ビールなどの飲み物の販売は終了いたします。


TEN to SENは引き続きスタッフを募集しています。
宿直スタッフはゴールデンウィーク以降、
レギュラースタッフは随時募集中です。
詳しくはこちらを参照ください↓
『TEN to SEN で働きませんか?スタッフ募集のお知らせ』



comment 0 trackback 0
back-to-top