--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11.09
Thu
ことでん瓦町駅からTEN to SEN までは徒歩5分かかります。
About 5 minutes from Kotoden Kawaramachi station to TEN to SEN on foot.

①改札を出たら右側のデッキへ進み、下に降りる。
Exit the ticket gate, go out to the right deck and get off at the left.
IMG_5405.jpg

②右に曲がり常磐町商店街をまっすぐ進む(3分)
Turn right and walk Tokiwa-machi arcade (3minutes)
IMG_5406.jpg

③派出所を越えてまっすぐ進む。
Go straight across a police station.
瓦町3

④広場左側にあるカレー屋Ramjhamを左に曲がる。
Turn left at curry restaurant Ramjham.
高松駅6

⑤50メートルほど進んだ左手にあります。
Walk about 50 meters,We are on your left.
高松駅7

⑥エントランスは2階です。
Entrance is on the 2nd floor.
高松駅8

We are looking forward to see you!
comment 0 trackback 0
09.29
Fri
すっかり秋の心地いい季節となりましたね。
秋といえば、芸術の秋、読書の秋、そしてDIYの秋!
夏の汗だく地獄とは一転、重い腰を上げるにはちょうどいい季節の到来です。

しかし、そんな心地のいい季節は旅行の季節でもあり、なかなかTEN to SENをお休みすることができないのですが、1日だけ予約が入っていない日があったので、1日半で出来る作業をすることにいたしました。
ずっとずっと手付かずだったラウンジとキッチン。
やらなければならないことは山積みなのですが、1日半で出来る作業として、今回はキッチンの床にタイルを貼ります。
本当はラウンジも併せてやりたいのですが、めちゃめちゃ重たいモルタルとタイル。作業時間からして1日ではこの狭いキッチンの範囲が限界です(体力的にも)。

今までの状態がこちら。

170929-01.jpg

オープン当初、ラウンジとキッチンの床は手を入れる時間も余力もなかったので、ゴリゴリのコンクリート下地がむき出しの状態です。
まずは中のものをすべてだしてすっからかんの状態に。

170929-02.jpg

ゴリゴリボコボコの床にモルタルを塗って平滑にします。

170929-03.jpg

手伝いに駆り出されているのは、いつもの夫です。
全部塗れたら、しばらく乾燥させます。
キッチンは4.5㎡ほどですが、最後の方で左官作業のコツをつかみましたよ!

170929-04.jpg

モルタルが乾燥したら、今度はタイル用接着セメントでタイルを貼っていきます。
今回またしてもマニアックな新しいアイテムを入手いたしました。

タイルカッター!

170929-05.jpg

これ本当に買ってよかったー!優れもの!!
前回石切りグラインダーでタイルを切断して埃まみれになったのがウソみたい♡
10~40㎝の大判タイルを割りたい方、お貸しいたしますよ。

このタイルカッターのおかげで、サクサクとタイル貼り完了。
サクサクとはいっても、タイル1枚1.6㎏あるわけですよ。
それを40枚ちょっと、バケツで水に浸し、タイルに水を含ませてから貼るので、重いのなんのって・・・

170929-06.jpg
(右奥の色違いは以前の余りものタイルを消化したため。見えないところなので節約です)

まだまだ作業は続きます。
1晩接着セメントが乾くまで放置したら、今度はタイルの目地(溝)埋め作業。

170929-07.jpg


タイル表面に残った目地材をきれいにふき取って、ようやく

完成しました。

170929-08.jpg

あとはキッチンや冷蔵庫を元の場所に戻せば終了~~~

170929-09.jpg

明るく、清潔感のあるキッチンになりましたー!
キッチンだけでもまだまだやりたいことがあるけど、一番大変な床が終わったので一安心。

次、ラウンジの床工事は大掛かりになるので、まとまったお休みが必要になります。
ということで秋の繁忙期が終わった
12月11日(月)~15日(金)営業を5日間お休みしてラウンジのリノベーションに取り掛かります!

毎回思うけど、多分職人さんのなかでも左官屋さんが一番肉体的に厳しい気がする。
モルタルも土もタイルも、すべてのものが重すぎる!!!
そして結果私も持病の腰痛を悪化させAmazonでコルセットを購入。

170929-10.jpg

毎回毎回、DIYをするたびにお世話になっている鍼灸師さんのもとへ駆け込むので、根本的に解決しようと本も購入しました。
冬の作業までに鍛えなければ!!
comment 0 trackback 0
07.29
Sat
はぁぁぁぁーーー・・・(溜息)
気づいたら、またブログを2か月も更新してませんでした。
もう、明々後日8月なんですね。

今回はずっとずっと念願だった
女性専用ドミトリーをリニューアルしました報告!
でも実は、、、6月23日に完成していました。
ブログにアップしなきゃ、と思いつつつつ早1か月。
月日の経つ速さに、最近本当に困惑しています。

さて、本題。
まずは以前の女子ドミのお部屋がこちら。

170729-01.jpg

170729-02.jpg

8畳ほどのお部屋に手作りの木製2段ベッド2台の4人部屋、鏡台1つ、ロッカー。

【女子ドミの課題・問題点】
1. 2段ベッドの階段が垂直なので、上り下りが大変。
2. 2段ベッド特有の他人の寝返りや梯子の上り下りの振動が気になる。
3. 鏡台が1つしかないので、満室の時には鏡を使えない人がいる。
  (暗いベッドでお化粧する人多数。そして皆さんが持参しているお化粧品の量がすごい)
4. 荷物の置き場所が少ない。
  (特に台湾・中国人女性は、驚くほど大きなスーツケースを持っている場合が多い)
5. 女性をターゲットにしている宿なのに、女子ドミがいまひとつかわいくない(これ重要!)

TEN to SENがオープンしてから2年とちょっと。
ご宿泊のお客様の荷物やお部屋での過ごし方を観察し、
これではいけない!
と、課題・問題点を解決すべくリニューアル構想を描き続けていたのですが、
何分にも女子ドミは人気なのですぐに予約が入ってしまい、まとまった日数予約をClosedにすることが難しかったのです。
そしてようやく6月19日から4日間、通常営業をしながら女子ドミだけお客様の予約をストップしました。

工事の猶予は4日間
しかも作業ができるのは、チェックアウトの午前10時から、チェックインの午後4時までの6時間。
作業内容は、
・ベッドの解体
・壁紙の貼替え
・新しいベッドの組み立て
・ベッドの塗装
・カーペット敷き

これ、一人じゃ確実に間に合わないね。
ということで、いつもお世話になっている大工さんにお手伝いに来ていただきました。
もちろん、私も4日間一緒に頑張ります(何より勉強になる)。

まずは、工事前にできることを。
窓横のちょっとしたでっぱりに、モロッコ風の壁紙を貼ります。
ここを↓
170729-03.jpg

こんな風にね↓
170729-04.jpg

初日は解体。
170729-05.jpg

解体した木材はできるだけ再利用。
そして写真は撮ってないけど、解体後反対側の壁にも新しい壁紙を貼りました。

2日目からはいよいよベッドの組み立て。
簡単な図面だけ用意して、あとは大工さんと現場合わせをしながら進めていきます。
作業の途中段階は必死すぎてほぼ写真はないけど。

ひろいひろいベッドを作るんだ!

170729-06.jpg

上りやすい階段を作るんだ!

170729-07.jpg

5日目のチェックインのお客様がいらっしゃるギッリギリまでかかって、ようやく
『女性のための理想の2段ベッド』
が完成いたしました。
それがこちら。

170729-08.jpg

なんということでしょう ☆彡

下段のベッドは独立しているので、上の振動が伝わりません。
そして各ベッドに大きな鏡と鍵付きボックスを完備。
ボックスの上にたくさんの化粧品を置くことができます。

170729-09.jpg

鏡はなんと女優ライト付き!
もう暗くてついつい濃い化粧になる失敗はありません。

170729-11.jpg

上の段にだって、しっかりと幅のある階段で登れるんです。

170729-10.jpg

これで、お値段以前と変わらず
3,000円/泊!


女子の皆さん、ご予約お待ちしています。


comment 0 trackback 0
05.15
Mon
国内外のお客様から日々、色々な質問をいただきます。

例えば、
「今日直島に行ってきて、明日夕方のまでに行ける、おすすめの観光スポットはありますか?」
と質問を受けたとします。
「あそこに行ってみたら?」とお答えすると、

「場所はどこ?」
「何が見れるの?」
「どうやって行けばいいの?」
「どれくらい時間がかかるの?」
「営業時間は?」
「電車の時刻表は?」

ひとつの質問にお答えしなければならない情報がたくさんです。
日本の方ならサクッとスマホで得られる情報も、
海外の方にとっては、ネットで調べるのも大変だし、情報が少なかったりして。

毎回毎回、
えーーーとね、地図、地図、地図、、、
あった、ここでね、
パンフレットがねーーー、あった、これね。
時刻表ね、今調べるから待ってね、
えーーーっと次の電車は何時ね、
え、朝ごはん食べてから??
そしたら、えーーーとその次は、、、

と、同じことの繰り返し。
拙い英語なうえに、お客様もお待たせしてしまうし、これは大変に効率が悪い。
対策をしなければ、と思いつついつものサボりぐせで手を付けていなかったことにようやく着手しました。

いつも聞かれること案内シート!

170515-01.jpg

表面には、簡単な英語の説明と営業時間や入園料など。
(パンフレットは説明が細かすぎるから、英語圏じゃない人が見てもわかるくらい簡単な説明。英訳は優秀なスタッフさんにお願いしたので完璧)
裏面にはTEN to SENからの行き方や地図。
これをラミネートして、パンフレットや時刻表などとともに、ラウンジに設置しました。
質問を受けたらサッと取り出して説明できるし、スタッフが見当たらない時でも、お客様自身で見ていただくことができます。

そして、観光地のほかに外せない案内シートがこちら!

170515-02.jpg

高松の2大ショッピングモール
「イオン」と「ゆめタウン」

高松空港は、台湾、上海、香港、韓国と直行便があるので、旅行の最後に高松から帰国するお客様が結構いらっしゃいます。
そして、旅行の最後に大量のお買い物をされるのですが、かなりの確率でこの2大ショッピングモールの行き方を聞かれます。
これで万全。

これからは、レストランやうどん巡りなど、どんどん案内シートを充実させていく予定です。

comment 0 trackback 0
05.02
Tue
※今回のブログは、TEN to SENゲストハウスとは全く関係がありません。

生きていると、何がきっかけとなって、思いもよらない経験をするか分かりません。
ある日突然、私のもとへやってきたご相談内容は、


瀬戸内海放送の情報番組のセットを作りませんか?
※香川と岡山をエリアとするテレビ朝日系列局

晴天の霹靂 ってやつです。
ドラマや映画のセットを作っているメイキング映像などを見て、
すごいな~、大変そうだな~、と感心することはあっても
私も作りたい!と思ったことはありません。

なぜに、わたし?

いつも、突拍子もないことを思いつき、吹っかけてくる方は決まっていまして
その方のお陰で面白い経験をいろいろとさせていただいているわけですが、
つまりは、週に1度の30分番組と毎日5分の情報コーナーで使用している番組のセットを
もう10年も変更していないらしく、春の番組改編時にリニューアルしたいけれども・・・

プロに頼む予算がないのでどうしよう
      ↓
TEN to SENみたいな感じがいいな
      ↓
じゃあTEN to SENに頼もう!


マジで??

普通そう思っても素人さんにお願いしないでしょ?
ってなことを平気で実行してしまう、ありがたい方です。
そして、こんな提案が通る瀬戸内海放送さんのゆるさは素晴らしい。

私もせっかくの経験なので、力不足ではありますがお引き受けいたしました。
滅多にできない経験で、面白そうなことはすべて引き受けます。
確かに、いつも思っていました。
地方のローカル番組のセットって、なんか暗いし古いイメージ。
ものすごく限られた予算と時間の中で、どこまでできるか分かりませんがやってみます!

リニューアル前のセットはこちら。

170502-01.jpg

まずは、不要なものを取り外し、養生をして、右側の壁の色塗り。
助手に引っ張り出されているのは、夫です。
彼も私と結婚したばっかりに、変なことに巻き込まれる運命です。

170502-02.jpg

柱部分、真ん中の台に壁紙を貼り、傾斜屋根をストライプにペイント。
右の窓の横に木の絵を描きました。

170502-04.jpg

木の枝部分にちょこちょこっと柄を描いて、
フェイクグリーンを置いて、
できあがり!

170502-05.jpg

完成から2日後、番組の放送がありました。

170502-06.jpg

番組冒頭、MCのお二人が
『番組4週目に突然セットが変わりましたーーー』
ほんとにね、びっくりするよね、普通改変のタイミングだと思うのですが。
テレビ業界の思わぬ裏事情なんかも垣間見れました( *´艸`)

出来上がりには・・・まったく満足していません。
今回時間も本当になくて、事前にペンキの色を確認できずに購入したり、
手持ちのペンキで間に合わせたりしたため、全然思ったような色に仕上げられませんでした。
とりあえず、このときできる限りのことはできたと思います。
でも、決められた時間と予算内に、きちんと完成度の高いものを作り上げる
プロの仕事は私にはできないなーと実感しました。

comment 0 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。